私も若い頃の僕の額は綺麗な富士を

私も若い頃の僕の額は綺麗な富士を描いており知的だと褒められ悦に入っていました。
でも、どっこい30代になると、髪をかき上げると富士山のかたちが変わり始めました。
薄くなりだしたらもう止まらずに、富士山は「M字」と呼ばれるようになりました。
原因はやっぱり遺伝だと思っています。
父の髪は多いままですが、母方の祖父が僕と同じ30代でそっくりなおでこをしていました。
ハゲは遺伝するとよく聞きますが、予防を行っていくのは不可能ではないようです。
M字ハゲが家族にいるので、ネット、書籍で様々に調べてみたら、ハゲる以前に髪のケアをきちんとすれば、それなりに予防はできると分かったのでした。
石油系のシャンプーでなく、アミノ酸系の石鹸がオススメみたいです。
頭が寂しくならない為にやるべき事は、規則正しい生活を送ったり、ストレスを発散できる事などに、明け暮れることです。
早寝早起きを心に決めたり、体質に合った育毛剤を正しく使用したり、体を温めるような食生活を意識します。
体温を一定に保つことで、全身の血液の巡りを良くして、発毛促進することが重要です。
どんな育毛剤も、短い試用期間では、目に見えた効果を実感しないでしょう。
育毛剤というものは、数ヶ月程度、使い続ける必要があるからです。
でも、自分の肌に合うものを選べなくては、長期に使い続けることはできません。
自分に合ったものを選ぶことを心掛けましょう。
AGA(男性型脱毛症)の治療方法にはいろんな方法があります。
たとえば、プロペシアという飲用して治療する薬は男性型脱毛症の治療にとても有効です。
また、外用薬で例をあげていけば、フロジンとかミノキシジルといった薬がよく使用されています。
それから、他にも、発毛に有効だとされるメソセラピーという成分を注射器などで直接頭皮に注入する、というやりかたもあります。
その他にも、クリニックによりますが、HARG療法や自毛植毛等の方法を実際の症状や予算に合わせて選択ができます。